読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーストには、はちみつを。

パンとは関係ない雑記ブログ

てんやわんや街長執筆の「できるマインクラフト建築」が面白い

突然ですが、私はマインクラフターです。つい先日PC版を買っちゃいました。

最近家族もマイクラを始めたのがきっかけで、建築センスをどうにかしようと思い買った本*1がこれです。


できるマインクラフト建築 /てんやわんや街長
できるマインクラフト建築パーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全 パソコン/iPhone/Android/PS4/PS3/PS Vita/Xbox One/Xbox 360/Wii U 対応 (できるシリーズ)
(クリックでAmazonに飛びます)

表紙が雑誌っぽいので若干見つけるのに手間取るかもしれません。攻略本のところにある場合が多いと思います。

私はマインクラフト関連の本を買ったのは初めてなのですが、この本は買って正解だったと思います。

この下は例によっておすすめポイントです。


他の建築本とは違う!

他のマインクラフトの建築関係の本は、「設計図付き」というのを前面に押し出しているのをよく見ます。

しかしこの本は! 設計図が一切載っていません!
すごいですよね。攻めてます。

でも、それが合ってました。
設計図通りに作るのってなんか負けた感じがする*2

この本は建築物の見栄えが良くなるポイントをガンガン書いてあるので、それを参考にしつつちょっとアレンジして家やら小屋やら建てるとすごくおしゃれになるし、「自分で作った」という満足感が得られます。そこがすごくいいです。


「でかいかっこいい建物を手っ取り早く建てたい」という場合は、設計図付きの本の方がいいと思いますが、そうでないならこんな本の方が力もつくしいいかもしれないです。


ブロガー独特の感じ

この本の著者であるてんやわんや街長さんはブロガーさんなのですが、やっぱり本の雰囲気とかもブロガーっぽい感じがします。


特に文体。上手く言えないのですが、文章が柔らかいような。
それと、文章中に「紹介している〜が一番良いと思いますが」という言い回しがいっぱい出てきて、自信満々なのが感じられます。これがちょっと読んでておもしろかったです。

ブロガーは作家より多分読者との距離が近いので、なんとなく安心感がありますよね。野菜の生産者の顔が載ってると安心するみたいなのと同じです。

実用的

村人を増やしたい時に量産するであろう、そうでなくても自宅として必ず作る「家」の見本がいっぱいあります。
正直いきなり「城! 塔! 巨大農園!」って言われても「いや……街に馴染まない」ってなっちゃうのでとりあえずありがたいです。家カッコよかったらテンション上がるし。

インフラ関係の記述もあって、道と橋を作るのにめちゃくちゃ役立ちました。

巨大建築がゴールじゃない、のんびりした生活をしたい人には特にオススメです。巨大建築の解説は少ないです。

まとめ

「村を発展させたい」「豆腐生活から抜け出したい」という人にはぴったりだと思います。これを読めば、建築センスは確実に上がります。

逆に、マイクラを完全にサバイバルゲームと捉えている人にはあまり合わないかもと個人的に思いますが、その辺はよくわかりません。

とりあえずてんやわんや街長のブログ(下のリンク)を見てみて、建築が肌に合うかみると後悔しないと思います。

マインクラフトてんやわんや開拓記


この本の公式サイトはこちらです

できるマインクラフト建築 パーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全


それでは

*1:連続で本のレビューなのは大きい本屋へ行ったからです

*2:筆者は負けず嫌いです

広告を非表示にする