トーストには、はちみつを。

パンとは関係ない雑記ブログ

Google日本語入力が便利な件

最近、Macの文字入力ソフトを変えられるってことを初めて知りました。
ノリで、Google日本語入力をいれてみました。

とても便利です!
ノリで入れたはずなのに、もうこれでしか文章をかけなくなってしまいました。

感動したのでとりあえずメリットと、一応デメリットを書いていきます。


メリット

とにかく変換がすごい

さすがGoogleが開発したソフトと言うかんじで、ネット上からいろんな単語が拾われて辞書に登録されているらしく、変換の精度がとても高いです。特に固有名詞。

どのくらいかというと、例えば進撃の巨人と打つ時

f:id:simainu:20170419121723p:plain
Google日本語入力

f:id:simainu:20170419121722p:plain
Mac搭載

このぐらいの差です。この差を大きいと感じるか小さいと感じるかは個人差ですね。



顔文字も文字から変換するときの候補数が多いです。ていうかそもそも大量に入ってます。定番から使いみちが不明なものまでよりどりみどり。

(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

動作が軽い

多分どっちかっていうとデフォルトが重すぎる*1んですが、変換キー押したけど反応が遅くて二回目を
押してしまい結果もたつくようなことが日常茶飯事だったんですよね。

つまり、選択したかった変換候補の一個先までいっちゃうってことです。上手く言えない……。


googleのにしてからはそういうことはなく、快適です。サクサクです。

いままで文章を書くときは、変換をすこしでも軽くしようといろんなソフトを終了したり大変だったので軽いの最高!

その他のちょっとしたいいところ

1.草を生やしやすい
普通はっっっっっwってなっちゃうけど、Googleのは全角でもwwwwwwってなるので草を生やす機会が多い人にはいいと思います。


2.予測変換で恥をかかない
デフォルトの変換では予測変換や単語学習機能をオフにできないようなんですが、Google日本語入力だとすぐにオン・オフできます。

自分のパソコンを友だちに貸すとき、スクリーンに映すとき便利じゃないでしょうか。


3.手書き入力ができる
試しに使ってみましたけどね……。実用性はほぼないです。

①文字を手で書く
②横に出てくる入力候補から目当ての文字をがんばって探す
③選んだ文字がクリップボードに送られるので(一文字)
④貼り付ける

めんどい

デメリット

El captanの自動変換が使えない

OS X El captanから搭載されたライブ変換(文章を打ったそばから漢字に変換してくれる)はデフォルトの「日本語入力プログラム」のアップデートみたいなもののため、他のにしちゃうと使えません。悲しい。

好みがあると思いますが、私にとってはデメリットです。が、だいぶ慣れました。

すぐにカタカナにしたりローマ字にしたりできない

デフォルトだと変換候補が出てるところで上を押すとひらがな・カタカナ・ローマ字にすぐに変換できます。

f:id:simainu:20170419121725p:plain

が、Google日本語入力はそうなってなくて、特に普通は漢字の言葉をカタカナで書きたいときが結構めんどくさいです。


デメリットはこのくらいしか思いつきません。


まとめ

Google日本語入力は全体的に見てとても優秀だと思います。

とにかく動作が軽いのがすばらしい。
なんとなく文章を書くとき気分を変えたいってときもおすすめです。


久しぶりにブログ書いたらなんか文章が固くなった……

*1:ただ単にうちのパソコンがだめな可能性もある

広告を非表示にする